Blog&column
ブログ・コラム

相続税の時効は?

query_builder 2022/09/15
コラム
44
相続税に時効があることはご存知でしょうか?
今回は、相続税の時効は何年か、時効成立まで払わずにいるとどうなるのかみていきましょう。

▼相続税の時効
相続税には時効があり、時効を過ぎると申告義務も納税義務も無くなります。
相続税の時効は5年の場合と7年の場合があります。
時効が5年になるケースは、申告が漏れている財産があることを把握していなかった場合です。

これ以外は、すべて時効が7年になると考えて良いでしょう。
ちなみに申告義務があることを知らなかったという言い分は通用しません。
相続する財産がある場合は、しっかりと相続税などの法律を確認しておきましょう。

▼時効成立まで払わないことはできる?
相続税に時効があることを知り、「申告しなければバレずに逃げ切れるのでは?」と考える方もいるかもしれません。
しかし、時効成立までに隠蔽が発覚してしまうとさまざまなペナルティが課され、さらに多くのお金を失うことになります。

相続税の調査は、20%の確率で入るとされています。
法人税や所得税の調査は3~5%ほどですので、それに比べるとかなりの確率で調査されると考えて良いでしょう。
相続する財産がある場合は、必ず申告をしましょう。

▼まとめ
相続税には時効がありますが、隠蔽をせずに早めに申告をしましょう。
相続税についてよくわからないという方は、専門家にサポートしてもらうのをおすすめします。
当社では煩雑な相続税の申告手続きサポートするなど、専門的な知識に基づきお悩みを解決いたします。
相続税に関するお悩みをお持ちの方は、一度ご相談ください。

NEW

  • システムを入れ替えました

    query_builder 2021/10/05
  • 相続税の時効は?

    query_builder 2022/09/15
  • 相続税を滞納するとどうなる?滞納した場合と、滞納を防ぐには

    query_builder 2022/09/01
  • 遺贈とは?遺贈の概要と相続の違いなどを紹介

    query_builder 2022/08/15
  • 【相続手続きの書類が分からない】相続の時に必要な書類を紹介します

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE