Blog&column
ブログ・コラム

税理士との顧問契約ってどんなもの?概要について解説

query_builder 2022/07/15
コラム
40
弁護士事務所や司法書士事務所でよく耳にする顧問契約
意味をご存じではない方もいらっしゃるかと思います。
そこで、顧問契約の概要についてお話していきます。


顧問契約とは
顧問契約とは、特定の業務スキルやノウハウを持つ専門家に業務を依頼する意味があります。
法律を専門に取り扱う、税理士や弁護士が締結を行うことができます。
企業経営に活用する目的で契約を行っており、法律のノウハウを契約先企業で共有しています。
毎月、決まった報酬を支払うことで、顧問契約が維持されます。

顧問契約と業務委託の違い
業務委託とは、業務そのものを外部機関に依頼することを指します。
「特定の仕事で、手が回らないから、得意な人に依頼をしよう」
という行為が、業務委託の内容になります。
業務委託の中でも「請け負い」と「委任」に分けられます。
その中の「委任」は法律行為を行う「委任契約」と、法律行為を行わない「準委任契約」があります。

税理士との顧問契約はどのくらい?
税理士との顧問契約はどのくらいするのでしょうか。
大まかな相場ですと、ひと月当たりの報酬が30,000円と言われています
なお、会社の規模によって顧問契約料が変わってくるので、参考までに。

税理士顧問契約を締結するメリット
顧問契約を締結するメリットは

・法律関係のチェックを専門家に依頼できる
・会社のお金について、アドバイスが受けられる
・複雑な会計処理にも対応できるようになる
・税金関係の調査にも対応できるようになる

これらのメリットがあります。

▼まとめ
顧問契約の概要についてお話しさせていただきました。
顧問契約を結ぶことは、専門家に法律手続きと、ノウハウの共有をお願いする認識で良いかと思います。
また、費用についても会社の規模によって変わってきます。
顧問契約についてお困りの際は、一度当法人までお問い合わせください。

NEW

  • システムを入れ替えました

    query_builder 2021/10/05
  • 遺言書の効力について

    query_builder 2023/08/01
  • 遺言書の正しい書き方について

    query_builder 2023/07/03
  • 孫へ財産分与をする方法

    query_builder 2023/06/05
  • 相続税に関わる退職金

    query_builder 2023/05/03

CATEGORY

ARCHIVE