Blog&column
ブログ・コラム

【相続人の順位を知りたい】兄弟は相続何番目になる?いくら貰える?

query_builder 2022/05/15
コラム
36
相続の順位は、複雑で分かりにくいですよね。
しかし、誰が一番お金をもらえるのかは非常に大切な問題なので、知ってくと良いです。
今回は、兄弟だった場合の相続順位について、お話していきます。

▼相続の順位で兄弟は何番目か
相続の順位で、兄弟だった場合は、3番目になります。
1番目が亡くなった人の子供・2番目が両親・3番目が兄弟の順位となっています。
資産を受け継げる額も、子供と両親に次ぐ額なので、把握しておきましょう。
しかし、両親や配偶者・子供がいない場合があると思います。
その場合は、法定相続人としての順位は兄弟が第3順位から第1順位に代わりますので、覚えておきましょう。

■兄弟が貰える資産
では、兄弟はそれぞれどのくらいの額を相続できるのでしょうか。
相続できる額は、3人兄弟だった場合、残っている額の30%ずつです。
4人兄弟だったら、25%ずつになります。

相続が、子供・両親に行われた後の残りの額が1000万円で3人兄弟だった場合を例に挙げます。
1000万円それぞれ3分配を行うので、300万円ずつが受け取れる計算になります。
4人兄弟だったら、4分配で250万円ずつ、という風になります。

■相続する相手がいない・身寄りがない場合
では、相続人がいない場合はどうなるのでしょうか。
相続人がいない場合は、孫・甥・姪にいきわたりますが、こうした親戚がいない場合がありますよね。
そうした場合は

・内縁の配偶者 養子や養親
・被相続人の世話をしていた人(お金をもらっていた人は除く)
・特別な師弟関係を結んでいたり、強い縁があった人

このように遺産が分配されるように、民法で規定されています。

▼まとめ
兄弟は、相続順位では第3順位であることが、お分かりいただけたと思います。
貰える額も、兄弟の多さによって均等に分配されます。
是非、ご参考にしていただければ幸いです。

また、当法人では相続のについて、ご相談を承っております。
相続の分からないことなど、お気軽にご相談くださいね。

NEW

  • システムを入れ替えました

    query_builder 2021/10/05
  • 遺言書の効力について

    query_builder 2023/08/01
  • 遺言書の正しい書き方について

    query_builder 2023/07/03
  • 孫へ財産分与をする方法

    query_builder 2023/06/05
  • 相続税に関わる退職金

    query_builder 2023/05/03

CATEGORY

ARCHIVE